Kei Matsumaru is a Japanese saxophonist/composer/improviser, hailing from the highlands of Papua New Guinea. 

Currently based in the Tokyo area, Kei has been active mostly in the jazz and improvised music scene since late 2018, but also has been collaborating with artists from other genres and creative disciplines.

He is part of SMTK, a loud rock/free jazz/instrumental band, as well as mºfe ("em-doh-feh"), an electro-acoustic ambient/avant trio. 
Kei recently released "Nothing Unspoken Under the Sun", the first album under his own name. 

"blank manifesto" is another project he started in 2019 with which he plans to release recorded works in the near future.   

2014 - started attending Berklee College of Music on a full tuition scholarship 
2015 - joined Berklee Global Jazz Institute
2016 - Yamaha Young Performing Artist - Honorable Mention
2017 - YAMAHA scholarship (2017-2020)
2018 - Downbeat magazine, Winner, Undergraduate Small Combo - Kei Matsumaru Trio
2018 - Berklee College of Music, Bachelor of Music, Performance (Summa Cum Laude)​

Studied with Tiger Okoshi, George Garzone, Terri Lyne Carrington, John Patitucci, Joe Lovano, Danilo Perez, Ben Street, Adam Cruz, etc. 

2019 - 1st album as leader "THINKKAISM", released by Disk Union

2020 - SMTK releases their 1st EP, "SMTK" through the label, APOLLO SOUNDS

2020 - SMTK releases their 1st full album, "SUPER MAGIC TOKYO KARMA" - APOLLO SOUNDS

2020 - 1st album as Kei Matsumaru "Nothing Unspoken Under the Sun" released by Disk Union

サックス奏者。1995年生まれ。パプアニューギニアにある標高1500メートルの人口400人程度の村で3歳から高校卒業まで暮らす。音楽嫌いを直すため両親に勧められクラリネットを始め、日本に一時帰国した際にアルトサックスを買ってもらい、ほぼ独学でスキルを磨く。村人からの援助を受け、タイガー大越氏主催の北海道グルーブキャンプに参加。そこで初めて人と音楽を通して繋がる喜びを知り、学びを深めるためにバークリー音楽大学を目指すことを決意。

2014年全額奨学金を得てボストン・バークリー音楽大学に入学
2015年特別育成機関Berklee Global Jazz Instituteに加入
2016年Yamaha Young Performing Artist - Honorable Mention
2017年ヤマハ音楽奨学支援奨学生(’17〜’20)
2018年米Downbeat誌で自身のトリオ・オリジナル作で優勝
2018年ボストン・バークリー音楽大学首席卒業 (Summa Cum Laude)​

タイガー大越, George Garzone, Terri Lyne Carrington, John Patitucci, Joe Lovano, Danilo Perez, Ben Street, Adam Cruzに師事

2019年9月 1st Album 『THINKKAISM』をdiskunionレーベルよりリリース

2020年4月所属しているバンドSMTKで1st EP『SMTK』をAPOLLO SOUNDSよりリリース

2020年5月同バンドで1st Album 『SUPER MAGIC TOKYO KARMA』をリリース

2020年11月アルバム 『Nothing Unspoken Under the Sun』をdiskunionレーベルよりリリース


2018年9月に帰国し、ジャンルを問わず東京近辺を中心に幅広く様々なアーティストと共演をしている。

2019年9月にdisk unionのレーベル、Somethin' Coolより金澤英明・石井彰・石若駿・高橋直希と共に1st album「THINKKAISM」をリリースし、JAZZ JAPAN, ジャズ批評, Jazz Lifeの各雑誌でインタビューとレビューが掲載され、高評価を得るのと共に、ラジオNIKKEI, JJazz.net, Jazz Todayの各ラジオ番組で出演し特集される。

Tokyo Jazz Festival 2019やTokyo Lab 2019にSMTKで出演、自身のバンドblank manifestoで新宿PIT INNに出るなど精力的に都内を中心にライブ活動をしている。2020年春には参加しているバンドSMTKの1stEPと1stアルバムが続けて発表された。
母国語同様の英語力で大学で英会話の個別講師を3年間勤め、現在フリーランスとして英文校正などに加え、歌詞などの日英翻訳も手掛けている。

プロジェクト、|blank manifesto|を令和元年5月に始動。須川崇志(b)と石若駿(d)を迎え、このトリオを土台に様々な編成でオリジナル作品に挑む。レコーディングを計画中。

参加バンド/共演歴 (敬称略):
Kei Matsumaru Quartet, blank manifesto, SMTK, mºfe, Boys/THINKKAISM, Francis Bowmore, Mao Soné Quintet, Marty Holoubek Quintet, songbook project, James Macaulay Quartet "Sun Shade", 日野皓正, 石若駿, 金澤英明, 石井彰, Marty Holoubek, 細井徳太郎, 曽根麻央, 須川崇志, 角銅真実, 井上銘, James Macaulay, Aaron Choulai, 吉本章紘, Marty Hicks, Francesca Han, James Bowers, 木村紘, 伊藤勇司, 浦上想起, 松木美定, 松下マサナオ, 荘子it, 本田珠也, 林栄一, 松井宏樹, 石川広行, 林正樹, 栗林すみれ, 江藤良人, 落合康介, 高橋佑成, 大村亘, 山口廣和, 佐藤浩一, 福盛進也, 甲斐正樹, ヤマザキタケル, 坪口昌恭, ハクエイキム, スガダイロー, 壷阪健登, 永武幹子, 吉良創太, 守真人, 吉峯勇二郎, 大坂昌彦, 佐瀬悠輔, 石田衛, 片倉真由子, 山本達久, 西田修大, 中村佳穂, 千葉広樹, 日髙理樹, Joe Talia, 吉田隆一, 中山晃子, 荒悠平, Aokid, 岩本大紀, 藤原大輔, 大友良英, 芳垣安洋, 内橋和久, 竹村一哲, 田中信正, 瀬尾高志,  and more )